Mylist of Drama

ドラマに関する情報をお届け
MENU

オーランド・ブルーム主演!Amazon Original最新作「カーニバル・ロウ(Canival Row)」作品紹介

f:id:theclock:20190913071959p:plain
source:"Carnival Row" offical facebook

Hi!! 

ぱーぷるです。

この記事ではプライムビデオで公開された最新アマゾンオリジナルドラマ「カーニバル・ロウ(Canival Row)」の作品紹介をやっていきます。

とその前に私の評価は☆3.6 /5

では早速行きましょう。

作品概要

2019年から始まりアメリカで制作された作品。

シーズン数1 -全8ep.-(2019/09現在)
作品時間 :50-67min
ジャンル ファンタジー、ドラマ
IDMb評価   8.1 (2019/09現在)

話の雰囲気Dark ☆★☆☆☆ Light

作品の特徴:人間と異人種の関係

 今すぐ「カーニバル・ロウ」を観る↓

Amazon.co.jp: カーニバル・ロウ シーズン1 (字幕版)を観る | Prime Video

プライムビデオを体験する↓
<広告>

あらすじ

舞台は翅を持つフェイや頭に角があるパックなどが共存する架空の世界。

フェイが暮らす島は敵の侵略に逢い、住み家を追われて人間の住む栄えた街、バークに難民として海を越えて移り住んでいる。

フェイの島からバークへの避難を手助けしていたフェイのヴィネットはバークへの航海の途中で嵐に見舞われ船は沈没。

そして彼女はバークへと流れつく。

一方、バークでは次々と押し寄せるクリッチ(異人種)の難民の受け入れを良しとしない人の不満が日に日に膨らんでいて、街で治安の悪い地区”カーニバル・ロウ”では連日フェイを狙った殺人事件が起きている。

そんな中、一人の警部補ファイロは事件の犯人に苦戦していた。。

と言った感じで始まるファンタジー。

主な登場人物

・ライクロフト・ファイロストレート
Cast: Orlandp Bloom

f:id:theclock:20190915082611p:plain
source:"Carnival Row" offical facebook

バークの警部補。

クリッチに対して批判的な人間が多い中、彼はクリッチにもの新味に接している。

心を閉ざし、誰とも深く関わることがない。

・ヴィネット・ストーンモス
Cast: Cara Delevingne

f:id:theclock:20190915082828p:plain
source:"Carnival Row" offical facebook

人に雇われ、バークへの難民の搬送を手助けするフェイ。

7年前に出会い、恋した人間がいたが戦争のときに死に別れている。

・イモジェン・スパーンローズ
Cast: Tamzin Merchant

f:id:theclock:20190915084348p:plain
source:"Carnival Row" offical facebook

バークの高級住宅街に住む、お嬢様。

両親を亡くしていて、今は兄と2人で暮らしている。

・アグレウス
Cast: David Gyasi

f:id:theclock:20190915085504p:plain
source:"Carnival Row" offical facebook

バークの高級住宅街に移り住んできたパック。

非常に落ち着きがあり、見た目は紳士そのもの。

その住宅街に人間以外が住むのは初めてで、周りの住人からは白い目で見られている。

・アブサロム・ブレイクスピア
Cast: Jared Harris

f:id:theclock:20190915084843p:plain
source:"Carnival Row" offical facebook

バークのトップ。

議会でクリッチの受け入れに反対する勢力と激しく火花を散らしている。

また彼は問題児の息子を持つ。

・エズラ
Cast: Andrew Gower

f:id:theclock:20190915090014p:plain
source:"Carnival Row" offical facebook

ヴィネットの親友で元カノ。
カーニバル・ロウの娼婦館で働いている。

作品の特徴

ここからはこの作品のことについてネタバレ無しで解説していきます。

まず、これは最近のドラマで標準となりつつありますけど、映像が綺麗!

舞台となるバークは1700年代くらい(?)のヨーロッパをモチーフにしてるんですが、その街の街並みはリアルそのもの。

衣装などもこだわっている印象で、お嬢様のイモジェンの洋服は特に毎回、目を引きますね。

あと、個人的に音楽も映画と同等のクオリティに感じます。

楽曲だけ聴けば、これが映画の音楽かそうでないかは区別できないんじゃないですかね。

 

続いてストーリーについてはまあまあという印象です。

テンポはいいんですけど、起伏が少なくストーリーは展開されます。

起伏は少ないけど、細かいプロットの所で見ごたえが多いように私は感じました。

ネタバレ無しなので詳しく言えませんが例えば、主人公のファイロが事件を解明していく過程で事件の裏に隠された事実が同時に明らかになっていきます。

その”事実”が分かる瞬間の描き方とか、ファイロの反応は上手いなと思います。

 

最後に、この作品は性描写やグロテスクな描写はかなりきついです。

子供にはちょっと見せられない内容ですかね。

まあ、これはアマゾンオリジナル作品、全般に言えることかもしれませんが。。

 

 

と言った感じで今回はこの辺で
ありがとうございました!
最後にこの記事を気にった方はぜひ下のボタンからこのブログの読者になりましょう!
私のこれからの励みになります。